やれる掲示板※中年の恋愛不倫付き合い不倫する男心禁断の極意

やれる掲示板なら中年の恋愛してみたい不倫付き合いで不倫する男心をまとめています。

 

PCMAXやれる掲示板
やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心       
PCMAX
不倫相手募集無料で試す
⇒⇒

 

中年の恋愛不倫付き合い
不倫する男心やれる掲示板

 

ハッピーメールやれるsns
やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心      
40代・30代不倫無料で試してみる
⇒⇒

 

不倫付き合い男心やれる掲示板
40代と若い子中年の恋愛不倫の恋愛  

 

ミントCJメール中年の恋愛
やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心      
ミントCJメールは簡単無料で試す
⇒⇒

 

不倫する男心やれる掲示板
中年の恋愛やれる掲示板

 

ワイワイシーやれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心やれる掲示板
      
不倫付き合い無料で試してみる
⇒⇒

 

やれる掲示板中年セックス40代
中年の恋愛不倫男心付き合い

 

メル☆パラやれる掲示板
      
メルパラ やれる掲示板無料試してみる
⇒⇒

 

やっぱり若い子やれる掲示板
不倫する男心中年の恋愛

 

中年の恋愛Facebookアプリ
ペアーズpairsやれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心やれる掲示板
        
Facebook不倫男心無料で試す
⇒⇒

 

やれる掲示板Facebook中年セックス

 

女性はいつでもどこでも完全無料です。

性欲に影響するホルモン・

 

性欲に影響するホルモン・オキシトシンホルモンはセックスに影響する。

 

オキシトシン 〜 ラブドラッグ、抱擁ホルモンオキシトシンは下垂体を経由した血液中、もしくは脳の他の部分や脊髄に直接放出されるもので、出産と母乳養育における役割が最も有名ですが、このホルモンはセックス、性欲にも深く関わっています。

 

「情がわく」という言葉があります。

 

「情がわいて、別れられない」というようなこともよく聞きます。

 

この「情がわく」という心理もホルモンがつくり出しているらしいのです。

 

そのホルモンが、オキシトシン。絆ホルモンとか、ラブドラッグ、抱擁ホルモンなどとも呼ぶ人がいます。

 

オキシトシンは女性が出産するときや、授乳のときに大量に分泌され子供とのつながりを強めるホルモンとして有名です。

 

このオキシトシンは出産や授乳以外にも

 

やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心好きな人の顔を見つめたとき
やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心好きな人と触れ合っているとき

 

にもオキシトシンホルモン分泌され、勝手に心のつながりを作ってしまうのです。

 

つまり、マッサージや抱きついたりというスキンシップを常にはかっていると、オキシトシンが分泌され情が深くなるということです。

 

ちなみにオキシトシンには健康に対する効果もあります。オキシトシンは睡眠パターンを管理し、気持ちを落ちつかせて、一般的な健康の一因となります。

 

それは例えばペットと一緒の人がより早く病気から回復する傾向がある、既婚者がより長く生きる傾向があるといったことの理由で
もあります。

 

オキシトシン強い結びつきが生まれる

 

性ホルモンオキシトシンの役割
やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心出産・育児との関係

 

子宮収縮の管理において不可欠な役割を演じるなど、出産を通じてのオキシトシンの影響力は実に計り知れないものがあります。

 

出産の第三段階では、胎盤と膜を体外に出す手助けをしますが、これを早めるため、赤ちゃんが生まれた後、しばしば産科医の手で母体に少量の合成オキシトシンが注射されることもあります。

 

オキシトシン濃度は高く、このことで子宮の戻りを促し、出血を止める、つまり母体を保護する役割を果たします。

 

出産後、哺乳類が生き残るためには、出産直後から母が子供を養い、世話をすることが欠かせませんが、研究によって、オキシトシンがこの反応を起こす原因となっていることが明らかにされています。

 

もちろん多くの人間の赤ちゃんにとって、そういった出生直後の絆は生残りをかけたものではありませんが、それでもなお、脳内のオキシトシンの影響により、お母さんと赤ちゃんの間に強い結びつきが生まれるのです。

 

こういった母と子を眺めているだけで、オキシトシンの影響がどれほど強力なものであるかが分かるでしょう。

 

またオキシトシンは母乳養育や月経のサイクルにおいても重要な役割を演じます。こういった出産、母乳分泌、月経に対するオキシトシンの影響は1990年代になって次第に解明されていきました。

 

人工ミルクより、母乳で育てられた方が、運動や社会的心理ストレスに直面しても穏やかであるということが研究者によって明らかにされていますが、この違いはオキシトシンに起因しています。

 

その後の研究では、オキシトシンには他にも多くの役割があり、出産と母乳養育に限定されないことが分かっています。

 

前戯オルガスムも引き起こ

 

やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心ストレス緩和
オキシトシンは潜在的にストレスの多い経験を、愛と喜びを表現する機会に変える役割を果たすかもしれません。出産に話を戻すと、多くの女性にとって出産はポスト外傷となるストレス障害(PTSD)を簡単に引き起こすほどストレスの多い経験です。

 

しかし、オキシトシンは、そのようなストレスの多い経験に対して母親の感情的、生理的反応を管理することでPTSDを防ぐように見受けられます。

 

通常、出産という経験を通して深い幸せで心が満たされるものですが、これらの感覚を引き起こすのがオキシトシンであると考えられています。

 

また、次の出産のために、その痛みの記憶を抑制します。
オキシトシンはストレスを感じたときにも分泌されます。

 

仕事でのストレス、家庭でのストレス、人間関係でのストレスなどを感じると、女性はオキシトシンが分泌されるので、誰かと結びつきたいと考えるのです。

 

やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心ラブドラッグ
研究では、オキシトシンがセックスにおいても重要な役割を演ずることが明らかになっています。女性と男性ともに行為の最中にオキシトシンを放出します。

 

オルガスムの間に放出されるのはオキシトシンだけではありませんが、オキシトシンがオルガスムを引き起こす役割を果たすと考えられています。

 

オキシトシンは「抱擁ホルモン」とも呼ばれ、皮膚同士の接触を含むさまざまな環境刺激とセックスの最中、子宮頸部の刺激に応じて放出されます。

 

体のどこを触られてもオキシトシンレベルが上昇しますが、このことでエンドルフィンとテストステロンの放出を含む広範囲の反応がを引き起こされ、それが生物学的で心因性興奮につながります。

 

耳たぶ、首、性器のような性感帯神経はオキシトシンの影響を敏感に受け、さらに触れられたいという性的な受容性と願望が高まります。

 

そして、さらに触れられることでより多くのオキシトシンが放出され、欲求と興奮がまた高められます。簡単に言うと、オキシトシンは性的な前戯を誘発し、性的な前戯はオキシトシンを誘発するのです。

 

オキシトシンは性的な前戯を誘発するだけでなく、強力なオルガスムも引き起こします。

 

やれる掲示板で試してみませんか?
まずは行動しましょう
もっと詳しくこちらから
 ↓↓↓↓
やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心

 

TOP戻る⇒やれる掲示板※中年の恋愛不倫付き合い不倫する男心禁断の極意やれる掲示板,中年の恋愛,不倫 付き合い,不倫する男心